着物が引き立つ小物

着物にアイロンをかける方法

着物にアイロンをかける方法 着物を着ていると、シワができてしまうことがあります。
服にシワができた時は、アイロンをかけてきれいにしますが、着物の場合は注意が必要です。
着物にアイロンをかけるときは、蒸気は使えません。
必ず、ドライアイロンでかけるようにすることが大事です。
着物や帯に直接あてずに、白い布地などを使ってあて布にして、その上からかけます。
なかなかシワが取れない時は、霧吹きを使います。
斜めにかけると、皺ができてしまうことがあるので、しっかりと布目に沿ってかけることが大切です。
帯も、布目に沿ってかけます。
帯を膝の前においてかけるようにすると、スムーズにかけられます。
汚れや染みがある場合は、その上からアイロンをかけてはだめです。
必ず、専門店に頼んで染み抜きをしてもらいます。
染みがついた状態のままかけると、染みが取れなくなることがあります。
絹素材の場合は、慎重にかけないと、よけいにシワを作ってしまうことがあります。
また、生地の色が変質することもあるので、気を付ける必要があります。

着物のお手入れで気を付ける事

着物のお手入れで気を付ける事 着物のお手入れで気を付けることは、大きく分けて2点あります。
保管方法と汚れへの対処です。
保管方法のメインは、湿気対策です。
着物を着た後は生地が汗を含んでいるので風通しのよい日陰で一時間程度干してください。
注意すべき点として干し過ぎないことです。
干しすぎると今度は生地が垂れる原因になります。
また、着ない場合でもタンス内で保管するときは定期的に引き出しを開けて風通しを良くし、タンス内の湿気を除去することを忘れないようにしましょう。
汚れへの対処法は、乾いた布で表面を軽くたたいてふき取る以上のことはしないようにしましょう。
前記の方法で汚れが取れないからといって、ペンジン等を使用して強くこすると汚れを広げてしまい、「輪じみ」の原因になるので、専門家に任せましょう。
着物はお手入れ次第では長年使用できるものです。
以上のようなお手入れを心がけて丁寧に着ることでお気に入りの一枚を長く着ることができるようになるのはもちろん、自身のお子さんにも譲ってあげることができます。

新着情報

◎2017/10/23

結婚式に着物を着ていく
の情報を更新しました。

◎2017/8/23

レンタルと購入
の情報を更新しました。

◎2017/6/26

初心者でも着こなせる着物
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

着物のサイズ直し
の情報を更新しました。

◎2017/1/16

お手入れで気を付ける事
の情報を更新しました。

「着物 手入れ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@suzu38517903 毎年これからも着るのであれば買ってもいいと僕は思うけどねw着物手入れは大変だからね〜w僕は来て欲しいよ✨←

着用後のおきもののクリーニング、しみ抜きは 振袖館いけのやにお任させ下さい♪ お急ぎでなければ通常料金の半額♪にてお預かりしています。 お着物だけでなく帯や長襦袢も、 その都度お手入れしておくと安心です。 パールトーン加工も承ります!(*^^)v

Twitter kimono_furisode 振袖館いけのや  山形県酒田市

返信 リツイート 11:50

着物のお手入れ♪ クリーニングしみ抜きは当店にお任せ下さい(^^♪ 地元密着型きもの専門店 【振袖館いけのや】 通常の料金の半額にてお預かり致します! 但し、お急ぎ品はご容赦下さい<(_ _)> pic.twitter.com/vcrmhD3Eql

Twitter kimono_furisode 振袖館いけのや  山形県酒田市

返信 リツイート 11:03

さて、今日はもろもろのお支払いや今月着た着物のお手入れ。綿と麻だから洗濯機で洗うだけ(笑)

Twitter elena99684322 dondon会長@断捨離&リセット中

返信 リツイート 8:13

返信先:@kadiko00 ほんと家宝級です!いつの間にか買ってくださるなんて!夢のようだ~! 着物の価値がわかる方じゃないとそもそも買おうと思わないと思うので、お父様、お目が高い✨ 私のやっている日常の手入れはよく干すことと、ベンジンくらいです。あっ、しまった(・_・;と思ったらすぐに手入れに出すことかなぁ…

返信先:@renymacha 私もポリの浴衣を持っているのだけど手入れはしやすくて便利な反面、暑い!昔ながらの綿が一番よね。ポリは着崩れするんだよね。なもんで、がっちり帯を締めるからきついし暑いし夏に着る物ではない。因みに、ケイタのはポリ着物なんだけど、寒くて冬に着る物ではないよw

Twitter takarahako あっちん⭐️可愛いですー

返信 リツイート 7:46

ツヅレサセコオロギ 晩秋に生き残ってわびしく鳴くさまが、いかにも寒い冬の到来を警告しているようで、これを古人は「肩刺せ、裾(すそ)刺せ、綴(つづ)れ刺せ」と聞き、着物手入れをするよう教えているとした俗言に由来する。 — 昔の人ってよくわからねぇよな lap87.ask.fm/igoto/45DKECPW…

Twitter konpakusoui 人工無能

返信 リツイート 7:19

呉服をダメにしたのはクリーニング業界と言っても良い。儲かるからと着物手入れに安易に手を出す。 丸洗いで着物の寿命を縮める。値段は馬鹿高い。これで着物手入れにお金がかかるからと言う人が多くなった。丸洗いなど着物には殆ど必要はない。ユニフォームに使う着物くらいの物。広めて下さい。

Twitter kokounosyokunin 三島染色補正店四代目/三島正義

返信 リツイート23 昨日 22:29

動画で着物の衿や袖口の手入れの仕方を覚えて下さい。私がお弟子に教える事と全く同じであり私の仕事そのものです。世の中の業者に衿袖口だけ手入れに出しても3000円位は取られます。必ず出来るようになりきれいに出来るようになります。節約こそ着物ライフに欠かせません。広めて下さい。

Twitter kokounosyokunin 三島染色補正店四代目/三島正義

返信 リツイート40 昨日 22:22

つづれさせ‐こおろぎ【×綴刺蟋=蟀】 コオロギ科の昆虫。普通にみられるコオロギで体長約2センチ、黒褐色。頭部は丸みがある。雄は8月中旬から11月ごろまでリッリッリッと鳴く。名はこれを古人が「肩刺せ裾 (すそ) 刺せ綴れ刺せ」と着物手入れを促していると聞きなしたというのによる。

Twitter G2vvdyyw 完全に雑誌の影響

返信 リツイート 昨日 22:20

/a